スキンケアのド定番

どんだけいい化粧水や乳液をつかった所でスキンケアの基本がなっていないとその高級スキンケアグッズもたちまち宝の持ち腐れとなってしまうでしょう。まずは基本から抑えて美肌を目指しましょう。

スキンケアは洗顔から

スキンケアは洗顔から始まります。
肌の汚れを落とすことは重要ですが、落としすぎてしまってもトラブルに繋がります。
肌が本来持っている力を奪ってしまってから、後から補おうと思っても上手くいきません。
それだけ、肌が本来持っている機能は優れています。
そのため、毎日行っている洗顔の仕方が間違っていると肌に大きな負担を与えてしまいます。
肌に負担を与えてから、高い化粧水や美容液でケアをしようと思っても、十分に行うことはできません。
高い化粧水や美容液、最先端の化粧品を使うよりも、洗顔の仕方を変えたほうが肌の負担が軽くなってトラブルが改善するということも考えられます。
肌には本来持っているバリア機能があります。
洗顔をするときには、そのバリア機能が傷付きやすい状態になります。
そのため、汚れを落とすのが目的である洗顔であっても、ゴシゴシと洗うなど乱暴なやり方をしては肌のバリア機能を傷付けてしまいますから肌トラブルの原因になります。
スキンケアの基本である洗顔は、正しいやり方で毎日、行いましょう。
洗顔は大切なことですが、やり過ぎはよくありません。
基本は朝晩の1日二回です。
洗い過ぎてしまうと必要なものまで落としてしまうため、肌を乾燥させまいと守るために皮脂が過剰に分泌されてしまいます。
そのため、皮脂が過剰だからといって肌質がオイリーとは限りません。
洗い過ぎて皮脂が過剰になっている方はインナードライになっています。
潤いが足りているとは言えない状況になりますので、自分はオイリーだからと思い込みでスキンケアを考えないほうが良いです。
正しい洗顔は皆同じですから、間違っていることを自分に合っている正しいやり方だと思いこまないことです。
正しい洗顔では、最初に行うのは手洗いです。
手が汚れていると顔に汚れを擦り付けることになってしまいます。
手を洗って汚れを落とし、清潔になった手で洗顔料を泡立てましょう。
手を洗ったらぬるま湯で予洗いをし、泡立てた洗顔料でTゾーンから洗い始めます。
肌に直接手が触れないように泡をクッションにして洗っていきます。
目元や口元は泡を乗せる程度で十分綺麗にすることができます。
洗い終わったらすすぎを十分に行います。
すすぎ残しは肌によくありませんので、しっかりとすすぎましょう。
すすぎ終わったら、清潔なタオルで水分を吸い取るように拭きます。
肌に残った水分が気化するときに潤いが奪われてしまいますので、拭き終わったら、なるべく早く化粧水などで保湿をしましょう。

■美白効果と保湿作用を併せ持っているので、スキンケアに是非とも使っていただきたいです!
プラセンタ 効果
■肌トラブルにはハイドロキノン配合のクリームでスキンケアしませんか?
ハイドロキノンの口コミを見てみましょう